C#と諸々

C#がメインで他もまぁ諸々なブログです
おかしなこと書いてたら指摘してくれると嬉しいです(´・∀・`)
つーかコメント欲しい(´・ω・`)

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:
トラックバック(-) | コメント(-) | このエントリーを含むはてなブックマーク
2007/11/15 22:35
今更気づきました^^;

PowerGUI 及び PowerGUI Script Editor は、C# の region ディレクティブによるアウトライン機能と同じ機能を備えています。
つまり、

#region function Hoge

function Hoge
{
    return "Hoge";
}

#endregion

って書けば

function Hoge

って感じに折りたたむことができます。
あと、単に { と } によるブロックにもアウトライン機能が働きます。
スポンサーサイト
タグ: .NET PowerShell PowerGUI
2007/11/05 23:58

PowerGUI ( 囚人のジレンマな日々 )

PowerGUI Community

PowerShell の GUI 環境だそうです。素晴らしい。
まだちょっとしかいじってませんが、簡単に紹介してみます。


PowerGUI には、PowerGUI と PowerGUI Script Editor の二つのツールが含まれています。

PowerGUI Script Editor は、名前の通り PowerShell スクリプトのエディタです。コードの装飾、インテリセンス等がサポートされています。書いたスクリプトは、保存しなくても PowerShell のスクリプトファイルとして実行することができます。 ( 一時ファイルとしてどこかに保存されているかもしれませんが。 )
ただ、変数に格納したオブジェクトのメンバーに対してはインテリセンスがサポートされていないので、そこは少し残念ですが、まぁしょうがないかなと。 ( PowerShell のコンソール上での Tab キーによる補完機能ではサポートされていますが、あれは動的にリフレクションで取得していそうですね。 )
あと、[ File ] - [ PowerShell Libraries... ] メニューにて自作のスナップインを簡単に利用できます。

PowerGUI は、表形式のデータを一つのノードとし、そのノードをツリー形式で展開します。ノードは PowerShell スクリプトで作成されており、自作も簡単にできます。もちろん PowerGUI 上で直接自作できます。その際は PowerGUI Script Editor と同じくコードの装飾やインテリセンス等のサポートが得られます。
また、ノード上のデータを XML ファイルに出力するといった操作も PowerShell スクリプトで作成されており、これも自作することができます。
PowerShell で簡単に拡張可能とは中々面白いですね。
更に、こういった PowerGUI 用のスクリプトが、PowerGUI  Library という形で公開されています。拡張子 .snapin のファイルとして作成されており、PowerGUI にて、コンテキストメニューの [ Import... ] から簡単に追加することができます。


PowerGUI、いじり甲斐がありそうですね~
タグ: .NET PowerShell PowerGUI
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。