C#と諸々

C#がメインで他もまぁ諸々なブログです
おかしなこと書いてたら指摘してくれると嬉しいです(´・∀・`)
つーかコメント欲しい(´・ω・`)

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:
トラックバック(-) | コメント(-) | このエントリーを含むはてなブックマーク
2006/10/04 03:53
電子署名とは、電子的なデータやファイルの正当性を保証するための技術である。
電子署名にはいくつか種類があるが、RSA暗号化方式を用いた電子書名が特に有名である。
この記事では、RSA暗号化方式について解説する。

[ RSA暗号化方式 ]
公開鍵基盤(PKI)のひとつ。
秘密鍵と公開鍵という2種類の鍵と、電子証明書から成る。
RSA以外にもDSA等の方式があるが、RSAと他の方式では、秘密鍵と公開鍵の性質や署名の生成方法等が異なるので注意。


[ 電子証明書 ]
電子的な身分証明書。信頼できる第三者(認証局)に発行してもらう。
電子証明書には、認証局の電子証明書によって電子署名が施される。これにより、信頼できる第三者が発行したことが証明される。
認証局に発行してもらった電子証明書には秘密鍵と公開鍵が含まれている。また、他者に公開するためには、公開鍵のみを含んだ電子証明書を公開する。

実は、電子署名の発行は専用のツール(無償で入手可能)さえあれば誰にでもできる。自分自身の電子証明書を作ることも可能で、これは一般に「オレオレ証明書」と呼ばれていて、通常、この証明書には信頼性が全くない。

日本では、2001年4月1日から電子署名法が施行された。これにより、認定を受けた認証業務 (総務大臣,経済産業大臣,法務大臣の認定を受けた電子証明書発行サービス) で発行してもらった電子証明書による電子署名は、法的な効力を持つ。(発行は有償。また、電子証明書には有効期限がある。)
電子証明書はいくつも種類があり、どれを(どの認証局で)購入すればいいかは利用目的により異なる。


[ 秘密鍵と公開鍵 ]
秘密鍵は本人以外の手に渡ってはいけないもので、本人が厳重に保管する必要がある。
公開鍵は本人以外に公開してよいものである。
秘密鍵と公開鍵は暗号化・復号化を行うためのものである。
秘密鍵と公開鍵は対になっていて、秘密鍵で暗号化したデータは公開鍵でのみ復号化でき、公開鍵で暗号化したデータは秘密鍵でのみ復号化できる。


[ 電子署名 ]
データに対する電子的な署名。
電子署名は、対象のデータのハッシュ値を秘密鍵で暗号化したものである。
電子証明を公開鍵によって復号化した値と、対象データのハッシュ値を比較することで、 データ改竄の有無を調べることができる。

exeファイルやdllファイル、pdfファイル等では、電子署名をファイルに埋め込むことができる。
だが、jpegファイルなどではファイルに埋め込むことができないので、電子署名は独立した一つのファイルとなる。

電子署名は、データの正当性と署名を行った人物を証明する。しかし、署名を行った日時を証明することはできない。日時の証明には「タイムスタンプ」という技術 を利用する。 (タイムスタンプも電子署名を利用した技術である。簡単に説明すると、対象のデータのハッシュ値に国際原子時を加えたものに電子署名を行ったものがタイムスタンプとなる。)

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。