C#と諸々

C#がメインで他もまぁ諸々なブログです
おかしなこと書いてたら指摘してくれると嬉しいです(´・∀・`)
つーかコメント欲しい(´・ω・`)

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:
トラックバック(-) | コメント(-) | このエントリーを含むはてなブックマーク
2007/04/13 19:57
IIS6.0では、ワーカープロセスのアカウントとして Network Service アカウントが使用されます。
このアカウントはファイル・ディレクトリへのアクセス権などが制限されていて、ログファイルを出力することすらできません。

これを解決するには、対象のファイル・ディレクトリへ適切な権限を付加する必要があります。
インストーラで、この権限付加の処理を行いたい場合、インストーラのカスタム動作でこれを行います。

以下に例を示します。

//using System;
//using System.Configuration.Install;
//using System.IO;
//using System.Security.AccessControl;

[RunInstaller(true)]
public partial class CustomInstaller : Installer
{
    public CustomInstaller()
    {
        InitializeComponent();
    }

    public override void Install(System.Collections.IDictionary stateSaver)
    {
        string assemblyPathName = this.Context.Parameters["assemblypath"];
        int fileDivisionIndex = assemblyPathName.LastIndexOf('\\');
        string installDirectoryPathName = assemblyPathName.Remove(fileDivisionIndex);
        DirectoryInfo installDirectoryInfo = new DirectoryInfo(installDirectoryPathName);
        // インストール先ディレクトリの ACL ( アクセス制御リスト ) を取得
        DirectorySecurity installDirectoryACL = installDirectoryInfo.GetAccessControl();
        // Network Service アカウントの書き込み権限を表すオブジェクトを生成
        FileSystemAccessRule writingAuthorityOfWorkerProcess = new FileSystemAccessRule("NT AUTHORITY\\NETWORK SERVICE", FileSystemRights.Write, AccessControlType.Allow);
        // ACL に、Network Service アカウントの書き込み権限を追加する
        installDirectoryACL.AddAccessRule(writingAuthorityOfWorkerProcess);
        // インストール先ディレクトリの ACL を設定
        installDirectoryInfo.SetAccessControl(installDirectoryACL);

        base.Install(stateSaver);
    }
}

この例では、インストール先ディレクトリに対して、Network Serviceアカウントが書き込みを行うための権限を付加しています。
これにより、Web アプリがインストール先ディレクトリ内にログファイルを出力することが可能となります。



インストーラ、カスタム動作自体の説明はここでは省略します。これについては以下のチュートリアルを参考にしてください。
Windows インストーラでの配置に関するチュートリアル











トラックバックURL↓
http://csharper.blog57.fc2.com/tb.php/120-3b21fffb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。