C#と諸々

C#がメインで他もまぁ諸々なブログです
おかしなこと書いてたら指摘してくれると嬉しいです(´・∀・`)
つーかコメント欲しい(´・ω・`)

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:
トラックバック(-) | コメント(-) | このエントリーを含むはてなブックマーク
2007/11/07 23:52
以前 PowerShell の例外処理 という記事で書いた try - catch - finally もどきを進化させてみました。
今回は、以下のように C# の try - catch - finally に近い書き方ができます。

try {
    # 処理
} catch ([例外の型]) {
    param($ex)
    # 例外処理
} finally {
    # 後処理
}



各ブロックの開始の "{" の前と各ブロックの終了の "}" の後ろは、上記のように、改行せずに記述する必要があります。また例外の型は、上記のように、必ず "()" で囲む必要があります。

catch または finally は、省略可能です。例外の型も省略可能です。
# 追記 ( 2007/11/12 )
catch ブロック内では、break ステートメントを使用して例外を再スローすることができます。当然、任意の例外を throw ステートメントでスローすることもできます。
# 追記ここまで


try {
    # 処理
} catch {
    # 例外処理
}




で、これらを実現するための関数がこちらです。

function global:try
{
    $currentArgIndex = 0;
    $tryBlock = $args[$currentArgIndex];
    $currentArgIndex++;
    if ($tryBlock -isnot [System.Management.Automation.ScriptBlock])
    {
        throw New-Object "ArgumentException" @("try ブロックの指定が不正です。");
    }
    if ("catch" -eq $args[$currentArgIndex])
    {
        $currentArgIndex++;
        if ($args[$currentArgIndex] -is [Type])
        {
            $targetExceptionType = $args[$currentArgIndex];
            $currentArgIndex++;
        }
        $catchBlock = $args[$currentArgIndex];
        $currentArgIndex++;
        if ($catchBlock -isnot [System.Management.Automation.ScriptBlock])
        {
            throw New-Object "ArgumentException" @("catch ブロックの指定が不正です。");
        }
    }
    if ("finally" -eq $args[$currentArgIndex])
    {
        $currentArgIndex++;
        $finallyBlock = $args[$currentArgIndex];
        $currentArgIndex++;
        if ($finallyBlock -isnot [System.Management.Automation.ScriptBlock])
        {
            throw New-Object "ArgumentException" @("finally ブロックの指定が不正です。");;
        }
    }
    if (($() -eq $catchBlock) -and ($() -eq $finallyBlock))
    {
        throw New-Object "ArgumentException" @("catch ブロックまたは finally ブロックを指定してください。");
    }
   
   
    &{
        $requireFinally = ($() -ne $finallyBlock);
        &{
            &$tryBlock;
            trap
            {
                if ($() -eq $catchBlock)
                {
                    break;
                }
                $ex = $_.Exception;
                if (($() -ne $targetExceptionType) -and (!$targetExceptionType.IsAssignableFrom($ex.GetType())))
                {
                    break;
                }
                &$catchBlock $ex;
                continue;
            }
        };
        if ($requireFinally)
        {
            $requireFinally = $False;
            &$finallyBlock;
        }
        trap
        {
            if ($requireFinally)
            {
                $requireFinally = $False;
                &$finallyBlock;
            }
            break;
        }
    };
}




以下のスクリプトを実行すると、動作が確認できます。

try {
    "try ブロック実行";
    throw New-Object "ArgumentException";
    "この文は出力されない";
} catch ([ArgumentException]) {
    param ($ex)
    "{0} がスローされたから catch ブロック実行" -f $ex.GetType().Name;
} finally {
    "finally ブロック実行";
}



出力は以下のようになります。

try ブロック実行
ArgumentException がスローされたから catch ブロック実行
finally ブロック実行



【 ダウンロード 】
自作の PowerShell 関数は、以下の記事からまとめてダウンロードできます。

YokoKen.PowerShell.Scripts












トラックバックURL↓
http://csharper.blog57.fc2.com/tb.php/177-d90fd0ff

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。