C#と諸々

C#がメインで他もまぁ諸々なブログです
おかしなこと書いてたら指摘してくれると嬉しいです(´・∀・`)
つーかコメント欲しい(´・ω・`)

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:
トラックバック(-) | コメント(-) | このエントリーを含むはてなブックマーク
2007/11/25 16:46
PowerShell 関数の最終更新日:2008/08/24

自作の PowerShell 関数をまとめました。新しい関数を作成するたびに、これに追加していきます。
PowerShell 上で表示できるヘルプファイルを、各関数毎に用意してありますので、けっこう便利になっていると思います。
例えば、PowerShell 上で "Help New-WCFClient" と実行すれば、New-WCFClient 関数のヘルプが表示されます。

[ ダウンロード ]
YokoKen.PowerShell.Scripts ( YKPSScripts.zip )


[ 使用方法 ]
使用方法は、付属の ReadMe.txt を参照してください。


[ 関数一覧 ]
全部で 19 種類の関数が含まれています。関数名をクリックすると、詳細記事に移動します。

Build-SandcastleProject ( 作成日:2007/07/31 )
Sandcastle Help File Builder のプロジェクト ( 拡張子 .shfb ) をビルドします。

closure ( 作成日:2008/06/09 )
スクリプトブロックにクロージャ機能を付加します。

Compile-CSCode ( 作成日:2007/11/10 )
C# のソースコードをメモリ上にコンパイルします。

Compile-VBCode ( 作成日:2007/11/10 )
Visual Basic のソースコードをメモリ上にコンパイルします。

Create-ZipArchive ( 作成日:2007/10/21 )
指定したフォルダまたはファイルを Zip 形式で圧縮します。

Delete-VssRelation ( 作成日:2007/07/30 )
Visual Studio のソリューションから Visual SourceSafe の関連付けを削除します。

Edit-PSScript ( 作成日:2007/11/05 )
PowerShell スクリプトファイルを PowerGUI Script Editor で編集します。

Get-LatestSource ( 作成日:2007/07/25 )
Visual SourceSafe から最新のソースを取得します。

Get-OperationContract ( 作成日:2007/11/18 )
クライアントオブジェクト、またはクライアントクラス、またはサービスコントラクトから、オペレーションコントラクトの一覧を取得します。

Get-Parameter ( 作成日:2008/06/08 )
スクリプトブロックのパラメータ情報を取得します。

Invoke-NUnit ( 作成日:2008/04/03  )
NUnit を使用して記述されたユニットテストを実行します。

Invoke-Process ( 作成日:2008/04/03 )
プロセスを実行します。

New-WCFChannelFactory ( 作成日:2007/11/18 )
指定したサービスコントラクトのためのチャネルファクトリのインスタンスを生成します。

New-WCFClient ( 作成日:2007/11/18 )
SvcUtil.exe が生成したクライアントクラス ( ClientBase ジェネリッククラスの派生クラス ) をインスタンス化します。

New-WCFClientContent ( 作成日:2007/11/18 )
WSDL を元に、クライアントコンテンツを生成します。

New-WCFClientOrFactory ( 作成日:2007/11/18 )
New-WCFClient 関数、New-WCFChannelFactory 関数が内部で使用する関数です。
つまり、New-WCFClient 関数、New-WCFChannelFactory 関数を使用するにはこの関数が必要となりますが、この関数を利用者が直接呼び出すことはありません。

Rebuild-Solution ( 作成日:2007/07/26 )
Visual Studio 2005 のソリューションをリビルドします。

Set-MessageInspector ( 作成日:2007/12/09 )
WCF クライアントが要求メッセージを送信する前、応答メッセージを受信した後の 2 箇所に独自の処理を追加します。

try ( 作成日:2007/11/07 )
C# の try - catch - finally のような形式で、構造化例外処理を行うことが可能になります。
[ 更新履歴 ]

2008/08/24
・Delete-VSSRelation 関数を更新。拡張子 vssscc のファイルを削除対象に含めるよう変更。
・Invoke-Process 関数を更新。標準出力ストリームでデッドロックが発生するバグを修正。
・Get-Parameter 関数を追加。
・closure 関数を追加。

2008/04/03
・Build-Sandcastle 関数を更新。実行結果の詳細を取得できるよう戻り値を変更。
・Rebuild-Solution 関数を更新。実行結果の詳細を取得できるよう戻り値を変更。パラメータ vsVersion の型を String に変更、及び必須パラメータに変更。パラメータ timeoutMilliseconds を追加。
・Invoke-NUnit 関数を追加。
・Invoke-Process 関数を追加。

2008/03/03
・Rebuild-Solution 関数を更新。Visual Studio のバージョン指定をサポート。

2007/12/13
・New-WCFClientOrFactory 関数内の Identity 要素の変換処理が正常に動作しなかったバグを修正。 この修正は、New-WCFClient 関数及び New-WCFChannelFactory 関数に影響する。

2007/12/08
・Set-MessageInspector 関数を追加。
・WCF に関連する関数のヘルプの「関連するリンク」に Set-MessageInspector を追記。

2007/11/25
・公開開始。











トラックバックURL↓
http://csharper.blog57.fc2.com/tb.php/188-6cd1f8fc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。