C#と諸々

C#がメインで他もまぁ諸々なブログです
おかしなこと書いてたら指摘してくれると嬉しいです(´・∀・`)
つーかコメント欲しい(´・ω・`)

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:
トラックバック(-) | コメント(-) | このエントリーを含むはてなブックマーク
2006/07/29 19:24
単一の値を取得するとか、単純な複数の値を取得するだけなら前回の記事に記載した3つ目のリンク先のやり方で実現できるけど、例えば要素数が不定の配列を複 数取得とか、複雑な構造のオブジェクトを取得するとなるとリンク先のやり方じゃきつい。そういう場合はXMLデータで受け渡しすればいい。
サーバー側(ASP.NET)では、型指定されたデータセットを用意して、DataSet.GetXml()メソッドでXMLデータを生成するのが手っ取り早い。XML DOMを利用する方法もある。
クライアント側(JavaScript)では、XMLデータのラッパークラスを用意する。XMLデータの解析にはXML DOMを使用する。











トラックバックURL↓
http://csharper.blog57.fc2.com/tb.php/7-6537d9f6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。