C#と諸々

C#がメインで他もまぁ諸々なブログです
おかしなこと書いてたら指摘してくれると嬉しいです(´・∀・`)
つーかコメント欲しい(´・ω・`)

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:
トラックバック(-) | コメント(-) | このエントリーを含むはてなブックマーク
2007/01/09 18:30
WCFをIISでホスティングする ( WCFによるWebサービス ) 場合、IISの認証設定で、匿名アクセスを許可する必要がある。認証はWCF自身で管理する。
WCFでは、Windows 認証の他、さまざまなオプションをサポートする。その他の組み込みオプションとしては、ユーザー名トークン、X.509 証明書、SAML トークン、および InfoCard があるが、カスタムな認証メカニズムを定義することも可能。
( Windows Communication Foundation との関連における ASP.NET Web サービスの今後 からの抜粋 )


以下、とりあえず判明していることのメモ

WSHttpBinding バインディングセットを適用している場合、ServiceSecurityContext クラス (System.ServiceModel)Current静的プロパティから現在のクライアントユーザーについてのServiceSecurityContextオブジェクトが取得できる。更に、そのServiceSecurityContextオブジェクトのWindowsIdentityプロパティにて、クライアントユーザーのWindowsユーザーアカウントを表すWindowsIdentityオブジェクトが取得できる。

ServiceSecurityContext currentServiceSecurityContext = ServiceSecurityContext.Current;
WindowsIdentity currentWindowsIdentity = currentServiceSecurityContext.WindowsIdentity;



BasicHttpBinding バインディングセットを適用している場合、ServiceSecurityContextクラスのCurrent静的プロパティはNullを返す。


認証関係は苦手です ><
というか、周りに詳しい人がいるから今までまともに勉強したことがないな。
一度、しっかり基礎から学ばなければ。。。


追記 ( 2007/03/11 )
こちらの記事で、もうちょいしっかりとまとめました。
タグ: .NET C# WCF 認証











トラックバックURL↓
http://csharper.blog57.fc2.com/tb.php/76-bb193841

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。